青葉賞のコース概要やレース展開をチェック

青葉賞
青葉賞とはJRAが東京競馬場で開催する重賞レース(G2)です。芝2400mを舞台に行われる青葉賞は、日本ダービー(G1)の優先出走権が付与される大事なトライアル競走となり、000年以前も“本番”で上位に食い込んだ馬をたびたび輩出してきたレースとなります。

青葉賞のレースを分析

青葉賞でまず注目してほしいのが、過去10年の3着以内馬30頭中26頭には、JRAの芝2000m以上の重賞・オープン特別・500万下で5着以内に入った経験があることです。一方、経験がなかった馬は3着内率6.6%と苦戦しているうえ、2009年以降の過去6年に限れば〔0・0・1・38〕(3着内率2.6%)と連対例すらない。芝の2000m未満やダートのレースにしか実績のない馬は評価を下げたいところだ。

青葉賞のコースを徹底分析

青葉賞コース
青葉賞は、直線のほぼ真ん中からのスタート。スタート後は平坦で初めのコーナーまで約350m程。1コーナーから向正面までジワジワと下り坂が続き、向正面の半ばで上り坂を迎える。そこから3コーナーへ向かって下り、ジワジワ上りながら直線へ向かう。直線は525.9mの長さ。直線半ばで高低差2.1mの上り坂が待ち受けています。

青葉賞のコースから分かる傾向

青葉賞の過去10年の3着以内馬30頭中22頭は、前走で単勝「2番人気以内」の支持を集めていた。該当馬は3着内率33.3%と好走率も比較的高い。前走の内容を比較する際は、着順やレースぶりだけでなく、単勝人気にも注目するべきですね。前走の成績は要チェックです。また、前走から「中9週以上」の馬は好走例がありません。また、前走から「中2週以内」だった馬は連対例がなく、3着となったのも2009年のトップカミング(前走から中2週)だけです。休養明けの馬や、前走とのレース間隔が詰まっている馬は評価を下げるべきかもしれません。

2014年の桜花賞

着順 馬名 騎手名
1位 ショウナンラグーン 吉田豊
2位 ワールドインパクト シュタル
3位 ヤマノウィザード 戸崎圭太
4位 ゴールドアクター 石橋脩
5位 ピオネロ 蛯名正義

2014年の青葉賞は吉田豊が騎乗したショウナンラグーンが優勝を飾りました。2着がワールドインパクト。3着はヤマノウィザードでした。2015年の青葉賞は人気の馬がまた名を連ねるのか、それとも穴馬がレースを面白くするのかどのような展開になるか楽しみですね。青葉賞の予想して馬券を購入する場合は、いろいろな情報を集めてから悔いが残らないようにしましょう。

では、本当に利用価値のあるサイトはどのサイトでしょうか?実際に登録し、検証を重ね、プロや利用ユーザーが選んだ優良の競馬予想サイトをご紹介致します。サイト選びで失敗しない為にも必ずご確認ください。

▼プロとユーザーが選んだ競馬予想サイト

ちなみに必ず勝てる【優良競馬予想サイト】はコチラ◀

優良サイト一覧バナー

皆さんのサイト評価 
いまいち・・まずまずなかなか!いいね!とってもいい!! (2 投票, 評価平均値: 4.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので厳選な評価をお願いします。

サブコンテンツ