日経賞の歴史やレース概要

日経賞2015年の画像
日経賞とは春の最強ステイヤー決定戦に向けた最も重要な前哨戦のことである。なんと過去10年の天皇賞「春」では日経賞に出馬した馬が3勝もしている。さらに3着5回、3着3回とものすごい活躍をみせている。それだけに、競馬関係者やメディアやファンたちが日経賞にかける思いは年々強くなっているのです。また、2011年日経賞は東日本大震災の影響で阪神競馬場で開催されたことがあります。そのレースも含め傾向を解いていきましょう。

日経賞のレースを分析

日経賞の過去10年をみてみると、出走している馬は前年の有馬記念やジャパンカップを少なくとも1つのレースに参加している馬が20頭中13頭います。そのなかでも、有馬記念に出走していた馬は好成績を残しているので重賞レースを経験している馬をチェックすることが重要です。また、3着以内に入賞した馬に関しては30頭中25頭が4歳~6歳の馬。つまり、若い世代の馬が優勢という傾向になっているので、日経賞の馬券を買うときは馬の年代も確認したほうがいいだろう。

日経賞のコースを徹底分析

日経賞のコース画像
日経賞は緩い下り傾斜の外回り3コーナーからスタート、最初の4コーナーまでの直線距離は192Mあります。日経賞は基本的にローペースの展開なので先頭争いで混雑することもないだろう。コースが6つもあるので、内回りをする馬が有利になってくる。そのコーナーの中でも勝負が決まってくるのは3コーナー・4コーナーあたり。また、ゴール前の直線が短いため後方からの差し馬が優勝することは少ない。日経賞のコースを考えると騎手の腕も肝心になってくると言えるだろう。

日経賞のコースから分かる傾向

日経賞の狙い目になってくるのは、3連単は小穴狙いで馬連は堅実に狙うのがいいだろう。日経賞の波乱期待度はCランクなので、万馬券がくることは確率が低いと考えてもよさそうだ。

2014年の日経賞

着順 馬名 騎手名
1位 コウインバリアシオン 岩田康誠
2位 ホッコーブレーヴ 田辺裕信
3位 ラストインパクト 川田将雅
4位 サトノアポロ 三浦皇成
5位 フェノーメノ 蛯名正義

2014年の日経賞は岩田康誠が騎乗した1番人気のウインバリアシオンが勝負どころの4コーナーで一気にスパートをかけてそのまま押し切って優勝。重賞レースで2勝目をあげました。2015年の日経賞は1番人気がくるのか?それとも、他の穴馬がくるのか今までのデータを参考に馬券を購入してください。

では、本当に利用価値のあるサイトはどのサイトでしょうか?実際に登録し、検証を重ね、プロや利用ユーザーが選んだ優良の競馬予想サイトをご紹介致します。サイト選びで失敗しない為にも必ずご確認ください。

▼プロとユーザーが選んだ競馬予想サイト

ちなみに必ず勝てる【優良競馬予想サイト】はコチラ◀

優良サイト一覧バナー

皆さんのサイト評価 
いまいち・・まずまずなかなか!いいね!とってもいい!! (2 投票, 評価平均値: 4.50)
読み込み中...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので厳選な評価をお願いします。

サブコンテンツ